欅坂46というアイドルグループの新曲が

ポエトリーリーディングを大胆に取り入れていてビビった。

きちんとポップソングになっているところ、さすがSMEと言うべきか。



同じSMEの先輩、乃木坂46は以前「乃木坂浪漫」で朗読やったりしてるけど

映像も撮って、いかにも芝居のお勉強の一環としての企画って感じだった。

乃木坂、好きですけど。



そういえば「ショートショート作家」として知られる田丸雅智氏の作品を

劇団EXILEのメンバーが読んでいる、なんて動画もある。



こうしたものを見ると、なんとなくではあるが

サブカル的なものに対するコンプレックスを

参加するタレントより、スタッフ側が持っているのではないかと思ってしまう。



そして逆に、朗読は「サイレントマイノリティー」な世界なのだなと痛感する。