僕の朗読・ナレーション関係を集めたHP「namitchi's impression room」の

トップ画面にあるキャッチコピーを変更したいと思いました。


これまでのキャッチコピーは

「サラリーマンの目線から、あたらしいナレーションの世界へ」でした。

昨年このHPを作ったときに、自分で考えて書いたものですが

ちょっと気負いというか、大きくみせようという意識からか若干大仰で、

上からの物言いという感じが透けてみえるのが気になっていました。


で、また考えてみたのですが

結局このHPとは何なのかということが端的に説明できているべきだと思い、以下のキャッチコピーにしました。

「朗読とナレーションの世界をひろげる 小さな実験工場」


正直、そのまんまだと思います。

ここで何をやっているのか、そしてその目的は何かを示しているつもりです。

それ以上でもそれ以下でもない言葉で、今ならいけると思ったわけです。


そして「voice of ooparts」という言葉も加えました。

・oopartsとは(wikipediaより)
オーパーツは、それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指す。
英語の「out-of-place artifacts」を略して「OOPARTS」とした語で、つまり「場違いな工芸品」という意味である。


それは考古学の物理的なロマンだけれど

実際「石の刻印」のように過去に書かれたものであっても

時を越え、今生きる人に届く全ての言葉は実は「voice of ooparts」と呼べるかもしれません。



HP開設から半年以上経ちましたが、これからもよろしくお願いします。