声をひそめて

日々の徒然。随時更新。

2016年05月

冒険中

買ったものの、少し封印していた

PS4「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」

楽しい激戦が続く。

まだまだ、第18章。

13247678_1420662947947645_2136380770583430985_o

全ての小さき者たちへ - JOY OF LIFE vol.4 雑感 -

音楽のイベントで朗読をいっしょにさせてもらうことはあるけれど

その場合は当然のことながら、音楽と朗読は区別されることが多い。


ところが昨日参加させてもらった「JOY OF LIFE vol.4」は

ほぼ交互に演者が発表を行い、その区別はするものの、それでも違和感を最小限に抑えられた。

これは企画者、演者、そして来場者の多くが趣旨を概ね理解し

互いにリスペクトできた幸福な空間になったからであり、

それは本当にスタッフの方々のおかげであると心から思う。

よく、演者は孤独だと言われるが

多くの支えがあるからこそ、舞台上は孤独でいられるのだ。



僕がこうしたイベントに初めて参加したときは、もっとアウェーな場面になった。

音楽のイベントだと思ったら、聞いたこともない朗読とやらが突然始まる。

誰にとっても初めてのことであり、観客に準備ができていなかった。

僕は棒立ちの観客に、座るよう促した。

後ろで先生が卓を操作するなか、かまわず僕は舞台で詠んだ。

恰好をつけるようだが

図らずも、あの夜あの場所で、朗読は最も過激な表現だったと思う。刺激的だった。



ポップミュージックと対すると、やはり地味な存在である朗読が

もはやこのイベントの中で特別なものでなくなった今、

そのクオリティを上げることは当然だが、はたしてそれだけが、あるべき姿なのだろうかと時々思う。

昨日のイベントは素晴らしかった。

しかし、より多くの人に聴いてもらうために、あの夜はみだしたように

常にはみだすことが必要なんだろうと思う。

というか、僕はそういう意識に自然となってしまうようだ。

それが、演者は孤独であるという本当の意味なのだろうか。

そういう目標を持つと、やるべきことが無限にあるような気がする。



昨日、あの夜に卓を操作していたI先生がスクールを辞した。

僕をただのやさぐれた野良朗読師になりかけたところを救ってくれた人だ。

ありがとう。どうかお元気で。

また、いつか会える日を楽しみにしています。



(昨日の僕 ↓)
1464484811798_1

あと3日

土曜日に開かれる朗読発表用の本を作った。

今回の表紙は青色で。

厚紙は毎度おなじみ池袋の「世界堂」さんにて購入。


本を作ると、いよいよだなと思う。

IMAG0087_1_1_1_1

SRS-X11はかく語りき

仕事で会社の車を運転して取引先に行ったりすることがある。

僕は実は運転があまり好きではないので、

なんとかその時間をやり過ごそうとラジオのスイッチを入れたりする。

しかしFMが入らないラジオだったりするともう仕事とはいえ本当に退屈。

なのでこっそりポータブルスピーカーとウォークマンを持ち込んでみるのだ。


その際のポータブルスピーカーは、懸賞でもらったノーブランドのbluetoothスピーカーで

最初は調子よく鳴らすのだが、そのうち接続不良で止まる現象が起きるようになった。

少々悩んだが、あらためて使えそうなものを買ってみた。

それが、SONYの「SRS-X11」という機種である。

IMAG0085_1

赤いキューブがSRS-X11。大きさの比較でPS4のコントローラーを横に置いた。


音はこの小さい筐体で良く鳴らしていると思う。僕の要求を十分満たしている。

持ち歩けるミニコンポというと大げさだろうか。しかしそれだけのインパクトはある気がする。

僕が電子音響工学を学んでいた頃とは隔世の感を禁じ得ない。


近頃のヘッドホンブームもそうだが、今まで音楽を楽しめなかった空間や場所でも

音楽を聴けるようにしようというチャレンジが、こうしたものを作らせていると思う。


ノイズ満載のボロ車の中でも、ちょっとはマシな音楽が聴けるとしたら。

車がキライな僕が、運転を好きになるかもしれない効果があるとしたら。

それはなんだか画期的なことなんじゃないかと思ったりするのだ。

【告知】朗読で出演します

今日は告知です。

 

僕が朗読と音楽制作を教わっているスクールの発表会が開かれます。

音楽と朗読のイベントです。

僕は朗読で出演します。(約10分程度)

 

イベントタイトル:JOY OF LIFE vol.4

場所:ライブハウス上野音横丁JR上野駅から徒歩2分)

日時:2016/5/28(土)イベントはAM11:30~ですが、僕はPM3時~4時ぐらいの出演予定です。

入場料:前売り¥1000当日¥1500

今回は珍しく推理小説を朗読させていただきます。

ご興味ありましたらぜひともご来場ください。お待ちしております。

※お問合せは以下までメールでお願いいたします。

info@namitchi.com

ギャラリー
  • 雨音が聞こえる
  • ブログを再開します
  • MDR-1000Xを聴いてみたよ
  • MDR-1000Xを聴いてみたよ
  • アキイロ
  • 「欲望の翼」をVHSで観る
  • 「欲望の翼」をVHSで観る
  • 花火へ
  • 花火へ