昨日、ボイスと制作のレッスンに出かけるときに

必ず持ち歩いているwalkmanをまんまと忘れてしまい途方にくれた。

もちろんスマホ(愛機htc j butterfly)でも聴けるけれど、

音質は正直walkmanの方がいいので音楽を聴く気にならない。

なので「オーディオブック」を聴くことにした。

screenshotshare_20160612_205812

これはオーディオブック「kikubon」のスマホアプリ画面。

kikubonは声優・ナレーターの朗読が聴ける。

たしか基本ストリーミングだがアプリならオフラインでもいい。

長編になってくると、複数人で読む「ラジオドラマ風の朗読」となる。

セリフ部分はさすがに素晴らしい。

地の文は、他のオーディオブック同様、やはり抑制されているので個人的には物足りないが

長時間聴く場合は、これぐらいが丁度いいという意見もあるだろう。

もちろん、どれが正解というのは無いにしても

広がる朗読のエンタメ化の一つとして、非常に勉強になった。

とにかく長編を何時間にも亘って収録しているのが素直に凄い。


僕の朗読の方向性とは違っているけれど

たまにはwalkmanを忘れてもいいと思った。